impeccable
Text Size :  A A A
|  blog  |  cuisine  |  vins naturels  |  map  |  Link  |  impeccable  |  Contact  |
Img_4780079a2289beb8a949de73ec278eec
先日 28日 日曜に
熊本 ナチュランネ に
出店させていただきました

御来場されたお客さま
全国から駆けつけた仲間たち
毎年よんでくれる熊本の素晴らしき友
スタッフ 関係者のかたがた
ありがとうございました

とても心にのこる あったかいイベントです
Img_11e242282e997dc40d3c2fb964f4b884
ムッシュー パトリックテリアン

4年前の10月 はじめて来店いただきました
フランス料理界の偉大なる巨匠のひとりに
自分の料理を食べていただき とても嬉しく思いました。

あれから 4年 再会に とても とても
嬉しかったです。

パトリックさんは 70歳
今も 世界を訪ね 料理を振舞っておられます

素晴らしい生き方 を されておられる

自分も 自分なりに思う 人生を 歩みたい

古き良きもの 見直し 深く掘り下げ
しっかりと理解する
現代の料理も しっかり学び 吸収し 感じる
トラディショナルモダニズムも 尊敬したい。
自分にできること 自分がやるべきこと
しっかり考えて やりたいこと真っ当する
たぶん 答えはみつからない
やりたい事は 湧き溢れるから
それに向き合う可能性に
ずっと挑戦し続けたい

Img_d1bcdf0f89d36a7fa95b18c9ff629dcb
はじめまして 穴熊 です。

骨と筋と脂でスープを仕込みました。

今夜からお出ししますね

獣肉で 穴熊のパテを仕込み中
こちらもお楽しみに。

昔はアナグマとタヌキを明確に区別していなかったので、アナグマ汁のことも、たぬき汁と呼んでいた。アナグマを使ったものは美味であるといわれてます。

なぜに といいますと
タヌキは 雑食
アナグマは 果実を好む
野生の生き物 獣も魚も 山も海も ジビエは生きるために喰う食べ物で 肉質 身質 香り 旨味 が異なります

Img_b9e9d3fbd3d1b3562a00996b65c4a136
今年も 出店します

28日 日曜 熊本 早川倉庫さんにて

ナチュランネ

皆さまにお会いできるの楽しみにしてます
Img_3b362233ba0f4fe12b5f6bcd903e007e
Img_f6cdfb9d203dbe7e219af0be1c1a9bcd
キッシュはロレーヌ地方の チーズタルトからはじまり オニオン ベーコンがはいり アパレイユチーズを加えて焼いた
キッシュロレーヌとなりました

世界各地で愛され 様々なスタイルのキッシュが
食されるようになりましたね

僕もキッシュは大好きで
天神に行くとディーンアンドデルーカで
よく買って帰ります ここの美味しいんです。

ここ最近 お店でもよく作ります
フランスの根っこを感じる料理ですし
何年経とうが色褪せない
スタイルを変えてアレンジしようが
キッシュロレーヌがやはりおいしい
発祥から現在に至るまで 定義が継承されている
地味だけど 滋味深い
やりがいをとても感じたのです

生地の粉とバターの温度 捏ね方 合わせ方
配合 微妙に変化します
焼き方でも 常にベストを探す
アパレイユ も そう ですね

トラディションの定義である
パートブリゼ チーズ オニオン ベーコン アパレイユ 幾らでも掘り下げられます

レストランならでは の 出来立て 熱々の
私なりの究極のキッシュを
と 取り組んでおります

あるお客様に 今まで食べたなかで一番と
言われたことで さらに作り続けようと思いました


作りおきの惣菜的なキッシュを
レストランならではに昇華させる

とてもやりがいのある料理です

ぜひ ご賞味くださいませ


写真は
先日 長野県 伊那の 中川村に行き キノコ名人に
分けていただいた香茸
大鹿村の産直で農家さんに直接分けていただいたトチシメジ
天然茸でつくった キッシュ オ シャンピニオン

その地で実際に見て触れて 感じた時を
料理にしてみました

僕は 基本 取り寄せて作ることはしません
いい食材であっても その土地からモノだけ
取り寄せて作るのは 都会がやればいい
地方には 地方でしかできない事があります
もちろん学ぶためには 知る事はとても大切と理解してますので
自分の足ででかけ 見て 感じてから
ということです。
今回のキッシュは長野まで行ったことで インスピレーションした料理ができました
今は 長崎 九州 の食材に無我夢中
地元をしっかり見つめ この地でしか出来ない料理を作りたいです
まだまだ知らない事ばかり
意味のある 長崎ならではの料理を
真っ当であるフランス料理を
長崎だからできるフランス料理を
作りたいと思ってます