impeccable
Text Size :  A A A
|  blog  |  cuisine  |  vins naturels  |  map  |  Link  |  impeccable  |  Contact  |
Img_9a73bff34f0fd87966f58d4b6403b94b
2日間 ランチで トルコライスを
おだしして思ったこと

素材を見極め 仕込みをしっかりする
タイミングをつかみ 手間をかけて
やりきれば とても美味しいトルコライスができます
フランス料理の技術でつくる と
もっともっと創造することができます
構築で いかようにも
アップデートできる料理です

ただ 毎日 毎年 トルコライスを作り続けてるお店のかたは 生業としての覚悟があります
僕か2日間ですが 作ってお出しさせてもらえた
のはとても貴重な経験になりました

ただ とてもとても手間がかかるので
手間をかけず 作る側の都合で作られたトルコライスが当たり前になってる現状は
長崎名物になりきれてない要因だと思いました
このままでは よくあるB級グルメとして終わります
県外から期待していらっしゃる方々
年配のかた
今まで食べたイメージのままのかた
には 満足いただくには どうしたら…
ここは 長崎県と飲食店が 話し合い
長崎名物を 美味しいと誇れる
トルコライスを作ってお出ししていかないと
トルコライスの未来はないと思います。

県外から長崎へいらっしゃる友人やお客様に
トルコライスってどんなの?おいしいの?
トルコライスおいしい店はどこ?
と 尋ねられても 答えようがなかったので
今回 挑みました。

食べ手と作り手の両方の気持ちが
すこしわかりました。

作り置きと 仕上げたて では 全く違う出来ですが
食べていただかないと 伝わらない
食べていただけるようには
どのようにお伝えするか
おいしくても食べてもらえなければ
なんにも伝わらない

前向きに 学ぶ気持ちを忘れず
お客様ひとりひとりのことをもっと考え
よりよいおいしいを提供できるように
頑張ります