impeccable
Text Size :  A A A
|  blog  |  cuisine  |  vins naturels  |  map  |  Link  |  impeccable  |  Contact  |
Img_1033492ac8a78efc07e94c4765d910bb
今夜は満月

18時から 23時くらいまで
ちょっと呑んだり つまんだりできるように
ご用意しますね

もちろん がっつりたべたいかたも
どうぞ どうぞ

お気軽にお越しください
お待ちしてます

Img_f79457740791e1db9948989c0e242201
たまにですが お弁当 つくります

なかなか これが 難しいです

冷めてもおいしい
時間たってもおいしい

和食や中華には
やっぱりかないません

味噌 酒 醤油 などは
馴染みの味 プラス 殺菌や 痛みにくいよう
できてます
昔から変わらず愛される必需品は
ちゃんと意味があるんですね

まぁ ぶつぶつ言っても仕方ないので

アンペキャブルらしいお弁当を
つくりたいと思います

写真は ミートローフ
中に卵がどーんです
これもお弁当にはいります
あとは お楽しみということで
ご注文お待ちしてます







Img_53cdca9d2cc6f93d9a9a36eb9ba44025
Img_9384c221af80fcb31fb4a5ed770d3c1b
Img_a42c5c59db5073632936bd41e1f44f26
日曜に 佐賀の がばいヴァンちゃん に
昨年に引き続き 出店しました。

飲食店は佐賀のお店に 熊本のシェケンと長崎アンペキャブル
ワインは
ヴォルテックス ヴァンクゥール ラシーヌ
ワインダイヤモンズ ディオニー
アフリカンブラザーズ
日本のワインシーンをリードするナチュラルワインのインポーターさんたちです
ヒトミワイナリーさんもいらしてました。


お客さまは
佐賀の方々のほか 九州じゅうから
東京 大阪 北陸 石垣からと
たくさんみえられてました。

私は全国いろんなとこで
イベントに出店してますが
がばいヴァンちゃんの純粋で素朴な笑顔溢れるここまで一体感のあるイベントは そうなかなかないくらい 楽しいイベントでした。


長崎でも できたらいいなぁ
と…もう15年おもってます( ༎ຶŎ༎ຶ )

長崎の飲食店のかたがたもワインファンの方々も
フェスティヴァンや ナチュランネ
がばいヴァンちゃん など
ワインイベントに参加してみて
感じていただければ
ワインってたのしいもので
気軽に飲むもので 繋がりを醸し出す飲みもので
でも手仕事の意味がちゃんと感じられる
素晴らしい農産物であると理解いただけると
いつもおもってます

そして うちが 15年 夏で16年ですが
ナチュラルワインをずっと取り組んでる
理由が 感じていただけると思います


そういえば
3枚目の写真ですが

がばいヴァンちゃんに
佐賀県知事がいらしてて
庶民と一緒にふつうに呑んで食べてました
声かけられても 偉そうなところも微塵もなく ステージに登って挨拶するわけでもなく
なるほど 民間にも支持される訳だと…
以前から よくメディアにも積極的にでてるのを
見て 出るのが好きなだけじゃなく 佐賀を盛り上げるためだと伝わりますし
親近感湧くし
声かけやすくするってのも大事なんですね

ちょっと佐賀県がうらやましくなった
です 笑
Img_b8e527e5e5c3d489e88b2c0c011cd4e6
アンペキャブルでは 15年間
自分で捏ねて焼いたパンを
おだししてきました。

天然酵母かすべてとおもった時期は
粉と水を発酵させ 種としてパンを焼いてました。

酒粕をいただいたら それで種を起こし
りんごで酵母育てたり

おおまかですが
レーズン酵母は 日常で起こしてます

ドライイーストをつかうパンを焼く時もあります
え っ イーストつかうんだ
いいんですよ
粉の特性をシンプルに伝えたいパンのときは
イーストのほうがいいときもあると思ってます。

イーストは清潔な工場で培養された
単一の酵母 小麦自身の邪魔をしません
一般家庭や不衛生な工房で扱われた天然酵母より 安全で清潔です

うちでは 今 起こしてる種は
農薬をつかわないで栽培した葡萄でワインを造る友人のワイナリーから
ワインを仕込んだあとの搾かすをわけていただき それに水 とすこし補糖し
発酵させ その液に粉をつないで種起こしして
パンを焼いてます

カベルネソーヴィニョンの搾かす粕種
とでもいいましょうか

天然酵母は 複合的な要素の酵母となります
元になるものの要素 に その場所に浮遊して棲んでる菌もくっつき 様々な結合による複雑な菌となります

あ 僕は専門家ではないので
間違いがあっても 突っ込まないでください
ただのつぶやきですので

その酵母が粉をたべることで
より複雑なニュアンスとなり
味わいとなります

パンの香りが酸味のあるのは いい香りと思います
が 食べて酸っぱいのは 苦手です。

酵母がいい方向に向かってないと思います。

どういうパンをたべてもらいたいか

どういうパンをつくりたいか

ですね

よく 酵母はなんですか?
と質問されるので
すこし書いてみました。

酵母も大切なことですが
その前にできなくてはいけない事があります

粉と水と温度
完全発酵 完全焼成

です。

あったかくなりはじめて
パンの発酵もいい感じです
是非 春にしか味わえない
この季節だから焼けたパンを
楽しみにいらしてください

しばらくいらしてないかたはびっくりされるとおもいますよ 笑
Img_e5b25ea05c6770b3b79573e6c3a10a68
今日は このワインをおだしします

東北 全県の葡萄を仲間たちが尽力で集め
タケダワイナリーの岸平典子さんに醸造してもらった キュベミチノク

ロワール ピエールオリヴィエボノームが
東北のために造ってくれた
キュベ東北

親友 仙台 バトンの板垣卓也さんが
企画し 全国の仲間たちが 想いに賛同した

ワインで繋がる

同じ空の下で それぞれ想いを馳せる

この日だから
できること

ワインってふだん何気に飲むものだけど
今夜は このワインを
皆さんに飲んでいただきたいとおもいます

19時から 全国で抜栓されます
九州では
福岡は とどろき酒店から何軒かに
熊本は クルトの古賀さんから 何軒かに
佐賀 宮崎 大分 鹿児島 沖縄は
僕はきいてません 飲めるとこもあるかもしれません
長崎は うちでご用意となります
(飲める店舗は 問い合わせいただければ しらべますので お店までお電話ください)

長崎の 飲食店のかた 今夜 来れないかた
明日 日曜は 夜営業します
夕方や昼間も 仕込みで店におります
よろしければ このワインだけでも
飲みにいらしていただければと
願ってます
このワインを知ってほしい
それだけです